トップ > 高く売りたい! > 買取実績 > 補助検査

買取実績
買取価格に自信あり

補助検査

2015年07月20日 地金課

ご覧いただきありがとうございます。

上の写真が何かお判りでしょうか?

宝石に携わっているとすぐ判るのですが・・・

ルーペではありません。

『チェルシーカラーフィルター』と申します。

別名『エメラルドフィルター』です

何に使うかと申しますと。

宝石を鑑別する際の補助的な役割をしてくれます。

簡単なところでいうと

『アクアマリン』と『ブルートパーズ』の仕分けに

大活躍してくれます。

 

下の画像をご覧ください

 

この写真はペンライト(LEDはダメ)を対象の宝石に

近づけて光を当てて、フィルターを通して石を覗いた

画像です。今回、反応が凄くわかりやすい画像が

撮れたので載せてみました。

左が『アクアマリン』で黄緑色に見えています。

右が『ブルートパーズ』で赤褐色に見えています。

 

これはこのフィルターがスペクトルでいう

550-580nm(黄緑色の光)

670-700nm(赤い光)

のみを透過して、他の色は吸収してくれるように作られています。

 

ライトを当ててフィルター覗くだけで判別が出来る

優れモノですが・・・ 残念ながら100%ではありません。

ブラジル産のアクアマリンの一部は黄緑色に反応しない事が

判っていますし、アフリカ産でもあるそうです。

例外があるものには断定はできません。

ですのでタイトルにもあるようにあくまで『補助検査』です。

 

ですがこれ以外にも天然と染色のカルセドニーの識別や

天然と染色の翡翠の識別

別名にもあるようにエメラルドと模造石の区別にも使えます

エメラルドは赤く見えるのに対して模造石は緑色に見えます。

ただし、合成との区別には役にたちません。

 

小さくて携帯にも便利ですから、ペンライトと一緒に持って行って

ルース屋さんに持って行って反応を見てみてはいかがでしょうか?

(怪しさMAXですので、当店ではやらないで下さい・・・)

百個の石があれば、反応の仕方も百通りでおもしろいですよ。

その中には新たな疑問や発見も出てくるんです。

こんなこと言うのは私だけでしょうが・・・

ではでは。

※ 査定金額は相場によって変動いたします。

↓↓この商品の買取を希望の方はこちらをチェック↓↓

宅配キット
  • 宅配キット
  • モバイル指定
  • 店頭査定