トップ > 高く売りたい! > 買取実績 > あけましておめでとうございます。

買取実績
買取価格に自信あり

あけましておめでとうございます。

2016年01月03日 地金課

明けましておめでとうございます。

今年一年の皆様の御多幸を願うと共に

今年も見捨てずに覗きに来て頂ける事を願っております・・・。

 

さて、いつものように何ですかこれは?

という写真を載せていますが、実は先ほど

年末に買取をしたダイアモンドの中に

『あっ!トライゴン!』とつぶやいてしまうと同時に

『なんかラッキー』と思ってしまったので

ここに書かせて頂いてます。

『トライゴン』とは恐竜の種類でも

『ゴールドライタン』の仲間でもなく・・・

写真にあるようなダイアモンドの表面に見られる

『三角形』のマークです。

 

何とか実物を写真に撮ろうと思ったのですが

0.2ctしかないダイアでしたので私の技術では無理でした。

自分の持ってる参考文献から拝借。

 

 

写真は原石そのままの画像ですので

珍しくともなんともありませんが

たまに、カットされた石のガードル(輪郭の縁の部分)面に

『ナチュラル』(原石の表面)が残っていて、

このトライゴンを観察出来る事があります。

 

さてこのトライゴンの正体なんですが、

未だ断定はされておりませんが

結晶表面が溶解した時に残る跡というのが有力だそうです。

そして天然のダイアモンドである証拠でもあります。

 

難しい事はさておき、なんで珍しいかというと

原石の表面がガードルの表面に出ているという事は

このダイアを原石からカットした『カッター』と呼ばれる

職人さんが、大変よい仕事をした事を表しているからなんです。

 

例えば正方形に近い四角形の紙から、

一番大きい円を切り抜こうとすると一番外側の部分が

四角形の辺に触れる形になりますよね。

一つの原石から最大のカットしたダイアを残したんだぞ!

という証拠になる訳なんです。

 

でも最近では大きさよりもカットの良さから産まれる

輝きを好むようになったせいか、前よりも

見かけなくなったような気がします。

ガードル面もきれいに研磨されてますもんね

 

 

だからラッキーなんです・・・

こんな小さな事にも幸せを感じるなんて・・・

病んでるな・・・

 

 

昔からか・・・

 

皆さんがお持ちのダイアモンドにも

もしかしたらこの『トライゴン』見れるかもしれませんよ!

蛍光灯の光をガードル部分が反射するようにあてて

ルーペを使って石の側面にあるガードル部分を

よ~~く見てみて下さい。

(目のいい人は肉眼でも見えるかも

私は無理です)

 

見つけたら

ほんのちょっぴり幸せ感じるかもです。

 

それでは今年も宜しくお願い致します。

 

 

 

 

※ 査定金額は相場によって変動いたします。

↓↓この商品の買取を希望の方はこちらをチェック↓↓

宅配キット
  • 宅配キット
  • モバイル指定
  • 店頭査定