トップ > 高く売りたい! > 買取実績 > 幸運

買取実績
買取価格に自信あり

幸運

2017年01月07日 地金課

ご覧いただき、ありがとうございます。

明けましておめでとうございます

今年も宜しくお願い致します。

 

随分とご無沙汰になってしまい

申し訳ございません。

今年は何とかこまめに頑張って更新していきますので

暇な時に覗いてやって下さい。

 

さて年が明けて一発目にどんなネタで行こうかと

考えましたが、開運ネタで行こうかと思いまして

これにしました。

皆さんはジュエリーに使われているモチーフに

意味があるのをご存知でしょうか?

ちなみに写真のモチーフは皆さんご存知の

お馬さんの『蹄鉄』でございます。

英語の『ホース シュー』で呼ばれてますよね。

ジュエリーにすると可愛らしくて昔から

人気のあるモチーフですが

なぜこの『馬の靴』がジュエリーに使われているかというと

今みたいに車が全盛ではなく、馬車などが移動手段だった頃

お馬さんが街を闊歩していたわけです。

野生の馬と違い人を乗せたり、重たい物を引いたりするので

蹄(ひづめ)に負担が多くかかります、

蹄が摩耗するのを防ぐために

金属製の蹄鉄がつけられるようになりました。

昔は金や銀も使われていたそうです。

お馬さんが靴を履く(蹄鉄をつける)時は

鋲(びょう)で蹄に打ち付けているのですが

歩いているといつの間にか靴が脱げる事があります。

これを落鉄(らくてつ)というそうです。

今でもたまに街中で『なぜこんなところに靴が片方

落ちてるんだろう』というのに出くわす事が皆さんも

あると思いますが・・・

この落ちている蹄鉄は拾った人の物

という風習があったそうです。

ですから金や銀で出来た蹄鉄を拾った人が裕福になる

という事から『幸運のお守り』と呼ばれるように

なったそうです。

(諸説ありますので保証はしません)

 

他にも文化や民族の違いはあれど、幸運のアイテムとして

使われているようです。ですから普段身に着ける

ジュエリーのモチーフとして使われるのは必然なんですね。

 

皆さんもこの幸運、開運のアイテムを身に着けてみては

いかがでしょうか?ただ、人気のあるアイテムなので

品切れの際はご容赦下さい。

 

これを読んで頂いた皆様に

幸運が舞い込んできますように

お祈り申し上げます。

 

 

 

※ 査定金額は相場によって変動いたします。

↓↓この商品の買取を希望の方はこちらをチェック↓↓

宅配キット
  • 宅配キット
  • モバイル指定
  • 店頭査定