トップ > 安く買いたい! > 店舗販売情報 > 廣澤洋海 籠目透彫 入荷しました。

店舗販売情報
買取価格に自信あり

廣澤洋海 籠目透彫 入荷しました。

2016年10月24日   販売姪浜店

ご覧頂き誠にありがとうございます。

この木、なんの木、青木です。

本日のご紹介はコチラ!!!

長州藩・毛利輝元の御用窯である萩焼より『廣澤洋海』の香合と香炉になります。

一楽・二萩・三唐津。

茶道の世界では、古くから茶人の抹茶茶碗の好みの順位として語り継がれている言葉です。

廣澤洋海氏は、陶器における透かし彫り最高峰の技術で人気を誇る萩焼陶芸家です。

 

萩焼歴史

慶長9年(1604年)に藩主毛利輝元の命によって、朝鮮人陶工、李勺光(山村家、後に断絶)李敬(坂家)の兄弟が城下で御用窯を築いたのが始まりとされる。よって当初は朝鮮半島高麗茶碗に似ており、手法も形状も同じものを用いていた。坂家の三代までを古萩といい、萩焼の黄金時代である。後に兄弟はそれぞれ別々の流派を生み出した。一方で、明治期より苦境に立たされており、その時に休雪が休雪白という独特の作風を確立するなどして萩焼を中興している。また、十二代坂倉新兵衛は萩焼を全国に広め不振衰退から救ったことにより、中興の祖と呼ばれている。

 

作品をご覧下さい。

廣澤氏の代表的な作品である籠目透かし彫りによる香合と香炉です。

籠目透かし彫りとは竹で編んだカゴ等の様な紋様を、剣先などの道具を使い表面を刳り貫いて模様を施す彫刻技法の呼び名です。

現在では、この技術を持ち合わせた陶工は激減して、いずれ絶えるのでは無いかと危惧されており、非常に稀少な技のひとつです。

作品を眺めていると吸い込まれる美しさを感じます。

伝統のある萩焼の陶土と釉薬に神業の籠目透彫が見事に融合した逸品。

是非、ご検討下さい。

 

※『一楽・二萩・三唐津』をはじめ、焼き物・美術品を高く買取致します。是非、お持ち込み下さい。 

 

ご不明な点などございましたらお気軽にご連絡下さい。

販売姪浜店 美術品担当青木 ℡092-891-1111

廣澤 洋海

万亀 香合

直径約7.5㎝ 高さ約4.5

販売価格¥6万 +税

 

こちらの商品はデリケートな割れ物の為、 

販売姪浜店店頭販売のみの取り扱いになります。 

ご了承下さい。

 

籠目の中も籠目になっています。

廣澤 洋海

籠目透彫 香炉

直径約15㎝ 高さ約17

販売価格¥15万 +税

 

こちらの商品はデリケートな割れ物の為、

販売姪浜店店頭販売のみの取り扱いになります。

ご了承下さい。

 

販売店情報

店 舗 名 販売姪浜店
住 所 福岡市西区姪浜駅南1-3-1
T E L 092-891-1111
営業時間 AM10:00~PM8:00(駐車場あり)
  • 公式オンラインショップ
  • ネットショップタカヤマ
  • Yahooオークション